貴方はきっとまだ知らない隠れた良作CGアニメ

カールじいさんの空飛ぶ家

作品情報

『カールじいさんの空飛ぶ家』は、ピクサー・アニメーション・スタジオが製作した2009年公開のアニメ映画です。ピクサー初のディズニーデジタル3-D版も同時公開された。同時上映は短編アニメーション『晴れ ときどき くもり』《Partly Cloudy》でしました。

第62回カンヌ国際映画祭のオープニング作品とななり、 第67回ゴールデングローブ賞アニメ映画賞・作曲賞受賞し、また第82回アカデミー賞において、アニメーション映画としては1991年の『美女と野獣』以来史上2度目である、作品賞候補入りを果たしました。

ストーリー

 勇敢な冒険家チャールズ・マンツに憧れる少年カールは1軒の空き家で、同じく冒険好きでマンツに憧れる少女エリーと出会い、意気投合するのでした。成人した二人はやがて結婚し、初めて出会った空き家を新居としました。二人の間に子供は授からなかったものの、マンツが消息を絶ったという“伝説の滝”パラダイス・フォールについて語り合い、いつか二人で行こうと約束するのでした。二人は夫婦の時間を楽しみ、長い間共に幸せに生きてきたが、やがてエリーは病に倒れ、先立ってしまうのでした。

一人になったカールは、街の開発計画によって周囲に高層ビルが建設されていく中、妻との思い出が詰まった家を守るため、立ち退きの要求を頑固に拒み続けていました。けれどもある時、立ち退きを迫る相手に誤ってケガをさせてしまい、立ち退かざるをえなくなってしまうのでした。そして立ち退きの前夜、カールは妻の遺した冒険ブックを眺めながら決心し、10297個もの風船を結びつけた家ごとパラダイスフォールに向けて旅に出る。しかし、飛び立った後で“お年寄りのお手伝いバッジ”を手に入れて自然探検隊員としてのランクアップを目指しています少年・ラッセルが家に入り込んでいた事に気付きました。

“お年寄りのお手伝いバッジ”入手に必要な書類へのカールの署名をしつこく求めるラッセルの助けもあってパラダイス・フォールのある土地にたどり着いた二人でしたが、着地したのは滝から離れた場所でした。ラッセルの提案で家が浮くことが出来る限界の3日後までに滝まで移動しようと家をロープで引っ張って移動しています最中、ラッセルが巨大な怪鳥・ケヴィン、そしてケヴィンを追っていた犬・ダグと遭遇し「ペットにしたい」とカールに懇願。成り行きで二匹も同行する事になりました。

ヒックとドラゴン

作品情報

『ヒックとドラゴン』は、2010年のアメリカの3Dアニメ映画。監督は『リロ・アンド・スティッチ』のディーン・デュボアとクリス・サンダース。イギリスの児童文学作家クレシッダ・コーウェルの同名の児童文学が原作です。北米では約2億1700万ドル以上の興行収入を上げています。また、このヒットを受けて続編の制作が決定しました。続編は2014年6月13日に全米公開されています。

ストーリー

はるか北の海に浮かぶバーク島。そこに暮らすバイキング一族は、長きにわたってドラゴンと争い続けていました。鍛冶屋で修業中のひ弱な少年・ヒックは、立派なバイキングになることを夢見いましたが何かと問題を起こすばかり。村にたびたび襲来するドラゴンとの戦いではいつも邪魔者扱いされていました。ヒックの父で、村のリーダーでもあるストイックも、変わり者の息子の扱いに悩んでいました。

ドラゴンが襲来したある未明、ヒックは自ら発明した投擲機で、最も危険とされるドラゴンのナイト・フューリーを捕えることに成功するのでした。ナイト・フューリーを倒せばきっと誰もが認めてくれます。しかし森の中で傷を負ったフューリーを見つけても、ヒックは殺すことができなかった。彼は飛べなくなったフューリーを「トゥースレス《歯無し、日本語吹き替え版ではトゥース》」と名付け、互いに警戒しながらも少しずつ距離を縮めていくのでした。トゥースを再び飛べるようにするために飛行訓練を重ねながら、ヒックはドラゴンの習性を覚え、それをドラゴン訓練に活かして上手く立ち回っていくのでした。

次第に周囲から注目を集めるようになったヒックは、父・ストイックをはじめ、ドラゴンを敵と決めつけるバイキングたちの意識をどうにか変えたいと思うようになる。

ポーラー エクスプレス

作品情報

『ポーラー・エクスプレス』は、2004年公開の米国のフルCGアニメーション映画です。監督はロバート・ゼメキス。

トム・ハンクスをはじめとする実際の俳優の動き・表情をモーションキャプチャによって精細に記録し、そのデータから登場人物をレンダリングしています《パフォーマンスキャプチャとも呼ばれる》。

原作はクリス・ヴァン・オールズバーグが1985年に出版した同名の絵本《日本では『急行「北極号」』の名で1987年12月、村上春樹の翻訳で河出書房新社から刊行されています》。

ストーリー

クリスマスイブの夜、サンタクロースを信じられなくなった少年のもとに大きな蒸気機関車が突如現れます。それは北極点へとむかう汽車でした。その蒸気機関車「ポーラーエクスプレス」は、少年のほかにもサンタを信じる少年少女を乗せて、さまざまな大陸、海上を走り続ける。その最中に起こる数々の事件や不思議な出来事を通じて、少年たちは自分に必要なものに気づいてゆくのでした。

『ランゴから始める!』 大人が見ても楽しめるCGアニメを紹介!
大人が見ても「これは素晴らしい」と唸らせられる作品の数々!