たぶんみんなが知ってるド定番な名作CGアニメ

トイ・ストーリー

作品情報

 ディズニー配給のアニメーション映画作品です。1995年に公開された[日本では1996年公開]。劇場公開された長編映画作品としては、初のフルCGアニメーション作品です。全世界で約3億6200万ドルの興行収入を上げました。これは、当該年度の第1位です。日本での公開は1996年3月23日。日本でのセルビデオ出荷本数は190万本。

制作はピクサー・アニメーション・スタジオ。監督ジョン・ラセター《ピクサー》。長編フルCGの作品を生み出した制作チーム統括の業績に対し、監督ラセターはアカデミー特別業績賞を受賞しました。他にアカデミー賞候補として、脚本賞ノミネート《アンドリュー・スタントン》、オリジナル主題歌賞ノミネート《"You've Got a Friend in Me"》、作曲賞《コメディ部門》ノミネート《ランディ・ニューマン》。

1999年には、続編『トイ・ストーリー2』が公開された[日本では2000年公開]。2009年10月2日には、続編『トイ・ストーリー2』とともにデジタル3D版が2本立てで2週間限定で全米公開、日本では2010年2月6日に公開。

2010年6月18日にシリーズ第三作『トイ・ストーリー3』が公開された。日本では2010年7月10日公開。

2011年にはアメリカのTotal Film誌で行われた「史上最高のアニメ映画50」にて第1位に選ばれた。

ストーリー

 カウボーイ人形、ウッディは、古めかしいおしゃべり人形。背中の紐を引っぱると、パンチの効いた「カウボーイトーク」を聞かせてくれます。そんなウッディはアンディ少年《ジョン・モリス/市村浩佑》の大のお気に入りで、彼は毎日のように、いろいろなおもちゃを取り混ぜながらカウボーイごっこに興じるのでした。

そうしてアンディが楽しく遊ぶおもちゃたちには、とても大きな秘密がありました。彼らは実は生きていて、話したり自由に行動したりできるのだ。しかし、それを人間に知られてはいけないというのが「おもちゃのルール」なのだ。ウッディは、アンディ少年の一番のお気に入りのおもちゃで、おもちゃたちのリーダーでもあった。

そして、今年もアンディ少年の誕生日がやってきました。おもちゃ達はこれから共に過ごすことになる新顔に興味津々ですが、ウッディの気持ちは落ち着かない。「新しいおもちゃがアンディのお気に入りになれば、自分はお役御免になってしまう」、そう考えると気が気ではなかったのだ。けれども、そんなウッディの心情をよそに現れたのは、最新の宇宙ヒーロー、バズ・ライトイヤーでした。技術の粋を結集したようなバズに、アンディは案の定夢中になってしまうのでした。また、バズ自身も自分が本物のスペースレンジャーだと信じて、飛行能力を証明するため高みから飛び降りたりするのでした。これにはおもちゃ達までが心を奪われてしまうのでした。

そんな中、デイビス家が引っ越すという新たな問題が持ち上がる。その騒ぎの最中、バズがアンディの部屋の窓から転落するという大事故に見舞われます。しかし、他のオモチャたちは、ウッディが自分に取って代わりそうなバズを突き落としたのだと誤解しはじめる

一方ウッディは、アンディに連れられて「ピザ・プラネット」というレストランに連れて行かれる途中、二人を尾行してきていたバズに会って喧嘩となり、夢中になるうちガソリンスタンドでアンディとはぐれてしまうのでした。必死に彼を追う二人でしたが、道すがら「おもちゃ殺し」と称される隣家に住む少年シドに発見され、そのまま連れ去られてしまうのでした。 もうすぐアンディが引っ越してしまうのでした。果たしてウッディとバズはアンディの元へ戻ることができるのか?

モンスターズ・インク

作品情報

『モンスターズ・インク』は、2001年に公開されたディズニーとピクサー製作の長編フルCGアニメーション映画です。ピクサーの長編アニメーション作品としては第4作目である。日本では2002年3月2日に公開された。ピクサー作品では初めてジョン・ラセターが製作総指揮に回り、ピート・ドクターが初監督を務めた。

2001年のアカデミー賞では作曲賞、主題歌賞、音響効果賞、長編アニメ賞にノミネートされ、そのうち主題歌賞を受賞しました。

ストーリー

 舞台はモンスターの世界。毛むくじゃらの青いモンスターサリーと、その相棒である一つ目モンスターマイク・ワゾウスキは、大企業であるモンスターズ株式会社《モンスターズ・インク》で働いています。モンスターズ・インクの業務内容は、無数に保持している「人間の子供の部屋へ通じるドア」から子供部屋にモンスター達を送り込み、怖がる子供たちの悲鳴をエネルギーに変換、モンスターの世界へ供給するというもの。この世界では「人間の子供は危険」とされており、怖がらせるのが仕事であるモンスター達は、同時に子供達を恐れてもいます。サリーはこの会社で誰からも尊敬される「ナンバー・ワンの怖がらせ屋」です。

昨今、テレビやゲームなどの影響からモンスターを怖がらない子供が増え、会社の業績は悪化、またエネルギー不足も深刻になっていました。そんなある時、サリーは人間の女の子ブーがドアの向こうからこちらへ入って来る場に居合わせてしまうのでした。サリーとマイクは、彼女をなんとか人間の世界に戻そうと奮闘するのでした。

怪盗グルーの月泥棒

作品情報

『怪盗グルーの月泥棒』は、2010年のユニバーサル・ピクチャーズ製作の3Dアニメ映画。ユニバーサル・ピクチャーズ初の3Dアニメ作品である。

日本で放映されたこの映画のTVCMは『イナズマイレブン』とコラボレーションしていました。  

ストーリー

 郊外の秘密基地で暮らす怪盗軍団ミニオンのリーダー・グルーは、あらゆる兵器を使って盗みや嫌がらせをする事が大好きな卑劣漢。世界一の悪党を目指す彼が狙うターゲットは、何と月でした。グルーは、月を盗む為の秘密兵器「縮小ビーム銃」を手に入れるが、作戦決行の矢先にライバル怪盗・ベクターに銃を盗まれてしまうのでした。グルーは彼の家に出入りする三姉妹を利用して、何とか銃の奪回に成功したのですが、何故かその三姉妹に懐かれてしまい、共同生活を送ることになってしまうのでした。

『ランゴから始める!』 大人が見ても楽しめるCGアニメを紹介!
大人が見ても「これは素晴らしい」と唸らせられる作品の数々!