メイキング特典でジョニー・デップが大暴れ

本作においてランゴのキャラクターボイスと動きを担当した、ジョン・クリストファー・"ジョニー"・デップ2世は、アメリカ合衆国の俳優兼、ミュージシャンで、世界的にも知名度の高い人物となっております。最近再び結婚騒動で巷を賑わせている彼ですが、その演技は声優においても折り紙つきとなっておりました。

生い立ち

 ケンタッキー州オーエンズボロにおいて、土木作業員の父であるジョン・クリストファー・デップとウェイトレスの母、ベティ・スー・パーマーとの間に生まれました。四人兄妹の末っ子で九才年上の兄ダン、七歳上の姉であるデビーと二歳上の姉クリスティーがいます。フランス人、アイルランド人、ドイツ人、チェロキー族の血を引くクリーク族の血を引いているとも言われています。

家庭の事情で頻繁に転居を繰り返し、7歳の時にフロリダ州ミラマーに定住。1978年に両親が離婚。子供時代はストレスのために自傷行為を繰り返したという。12歳で酒を飲み始め、14歳の頃からドラッグに手を染めるなど、どん底とも言える青年時代を送った。しかし、親友との死別をきっかけに足を洗う事を決意。16歳の時に高校を中退しミュージシャンとしてのキャリアをスタートさせる。

キャリア

ミュージシャンとして

「The Kids」をリードギタリストとして率い、イギー・ポップの前座も務めた。バンドは商業的に成功を収め、さらに活動を本格化させるべくロサンゼルスに活動拠点を移し「Six Gun Method」と改名し様々なバンドとコラボレーションを行った。

近年では、オアシスの曲やローリング・ストーンズのアルバムにもギターで参加したほか、1995年にはバットホール・サーファーズのギビー・ヘインズと共に「P」というバンドを結成しCDを発売しました。

2010年にはイギリスのインディーズロックバンド・ベイビーバードのアルバムにも参加し、PV撮影の監督も行い、更には自らのレコードレーベル“UNISON MUSIC”を設立し、新人発掘を行っているらしいです。

2012年10月には大手出版社ハーパーコリンズと共に出版レーベル「インフィニタム・ニヒル」《デップの映画製作会社と同名》を設立し、最初に出版物としてボブ・ディランの評論「The Unraveled Tales of Bob Dylan」《ダグラス・ブリンクリー著》をリリース。

一方で、俳優が知名度を利用して音楽活動をする行為は嫌悪しており、本格的な音楽活動をすることはないと語っています。

駆け出しの頃の俳優活動

20歳の時に25歳のメイクアップ・アーティストのロリ・アン・アリソンと結婚しました。

その時に、彼女の元恋人であったニコラス・ケイジと知り合い、ケイジから俳優への転身を勧められました。その後ニコラス・ケイジのすすめで、付き添いとして足を運んだオーディションの会場で出演の打診を受け、1984年にホラー映画『エルム街の悪夢』で初出演。その後ニコラス・ケイジの紹介で『プラトーン』の端役などで経験を積んだ。当初は俳優の仕事に対して消極的であったデップですが、尊敬する俳優のフレデリック・フォレストとの共演が転機となり、本格的に俳優への道を歩み出します。

製作側の説得によりフォックス放送のテレビシリーズ『21ジャンプストリート』に主演し、一躍ジュニアアイドルとして脚光を浴びる。それでも自分が商品として扱われることやテレビドラマでの役のイメージに縛られることを恐れたため、活動の場を映画のみとすることに決めた。

映画俳優として

 1990年公開の『クライ・ベイビー』で映画初主演を果たし、同年公開の『シザーハンズ』は大ヒットしますが、その後の出演作品の興行収入と知名度は付随しませんでしました。しかし、『ギルバート・グレイプ』などのヒューマンドラマや『エド・ウッド』といった伝記映画に立て続けに出演し俳優としての実力を身につけたのでした。

 俳優業の傍ら、親族の出自からインディアンの問題に関心を持っていたデップは1997年に、マーロン・ブランドを招聘し映画『ブレイブ』を監督しました。

1999年にこれまでの功績が認められハリウッド・ウォーク・オブ・フェームに名前が刻まれます。

映画『ナインスゲート』で知り合ったヴァネッサ・パラディと交際。ヴァネッサ・パラディとの間に女児をもうけた。2003年にディズニー/ブエナビスタ共同制作の娯楽超大作『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』で興行面での大成功を収め、世界的な規模で爆発的な名声を獲得しました。同年の『ピープル』誌にて「最もセクシーな男性」に選出され、全米映画俳優組合賞主演男優賞を受賞、アカデミー主演男優賞にノミネートされた。

2004年公開の『ネバーランド』でイギリスの作家ジェームス・マシュー・バリーを演じ、アカデミー主演男優賞にノミネートされた。その後も基本的には性格俳優であり、パイレーツ・シリーズでファンとなった観客を驚かせるような企画、役柄にも取り組み続けています。

2007年公開の『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』で、初のミュージカル映画に出演。この作品でゴールデングローブ賞 主演男優賞《ミュージカル・コメディ部門》を受賞し、アカデミー主演男優賞にもノミネートされた。

2009年の『ピープル』誌にて「最もセクシーな男性」に再び選出された。

2011年、妹のクリスティ・デンブロウスキーと共同で映画製作会社「インフィニタム・ニヒル [en:Infinitum Nihil]」を設立。『ラム・ダイアリー』が同社製作のデビュー作となりました。

ファンとの関係

 アメリカのサインコレクター雑誌『オートグラフ・マガジン』が発表した「ファンにサインをしてくれる際に態度が丁寧な映画俳優」で3年連続1位に輝いています。同誌は「穏やかで気さくにサインをしつつ、ファンに話し掛けて親しくなろうとする」「プレミア会場でもレストランでも、映画のロケ中でもほとんど、最高に気前良くサインをしてくれる人物」と評価しています。

交友関係

 監督のティム・バートンと公私共に熱い友情関係を築いており、バートンとは映画制作の際は作品の共通認識が出来る程です。『アリス・イン・ワンダーランド』のマッドハッター役での出演の際はバートンと打ち合わせもしていないにも関わらず、互いが想像していたマッドハッターのデザイン画が細部に亘るまで類似していました。

バートンとの八作目であるタッグ作品『ダーク・シャドウ』のプレミアでは、「監督がまたいろいろ考えているようだけど、彼が仕掛けることなら、僕はいつでものるよ」と発言しています。

ノエル・ギャラガーとも交友が厚く、ケイト・モスと合計三人でミック・ジャガーの別荘に寄ったりなどのバカンスを思う存分楽しんだり、オアシスのアルバム『ビィ・ヒア・ナウ』に収録されている「フェイド・インアウト」においてはスライドギターを弾いています。

資産について

 ハリウッドの中でもヒット作を数多く持つジョニー・デップですが、その年収もギャラも破格の額を稼いでいるのです。

2008年6月、経済誌『フォーブス』が発表した2007年6月から2008年6月までの1年間の中で映画出演を含めたあらゆる仕事でハリウッドにおいて最も稼いだスターを発表したランキングでデップは72億円を稼ぎ、ランクインしています。同誌の2009年度発表ランキングにおいても約27億円もの額を稼ぎ、俳優部門で第10位にランクインしています。

2009年11月、BANG メディアインターナショナルによりますと、パイレーツ・オブ・カリビアン第4弾である『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉』においては2100万ポンド《日本円で約31億円》のギャラで出演することを決めた。この高額なギャラをディズニーが支払うことができるのは3作目まで出演していたオーランド・ブルーム、キーラ・ナイトレイなどが四作目には出演しないと言っているため、その分ギャラが浮いているためではないかといわれています。

2010年9月、『フォーブス』誌が調査した2009年からの1年間で「最も高額なギャラを獲得したハリウッドの俳優」のランキングにおいては、5,000万ドル《約42億5,000万円》以上を稼いでいるとして一位にランクインしていました。

2010年2月、米『バニティー・フェア』誌が2010年に「最も稼いだ映画関係者トップ40」を発表し、デップは1億ドル《日本円で約80億円》を稼ぎ、2位にランクインしました。内訳は世界中で大ヒットを記録した映画『アリス・イン・ワンダーランド』の出演料が4,000万ドル《日本円で約32億円》、映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉』の前払い金が3,500万ドル《日本円で約28億円》、アンジェリーナ・ジョリーと共演した映画『ツーリスト』が2,000万ドル《日本円で約16億円》、残りが過去作からの収入となっています。

2011年8月、『フォーブス』誌が2010年の5月1日から2011年5月1日までの1年間で「最も稼いだハリウッド俳優」のランキングを発表し、推定5,000万ドル《日本円で約40億円》を稼いで2位にランクインしました。

寄付や逸話

 子供思いでも有名なデップは2008年に娘のリリー・ローズが腎臓病で入院したロンドンのグレート・オーモンド・ストリート病院をこっそり訪れ、「娘の命を救ってくれたお礼」として100万ポンド《日本円で約2億900万円》を寄付しました。さらには娘が助かったことに感動して2007年11月に同病院を映画『パイレーツ・オブ・カリビアン』のジャック・スパロウの衣装をまとって、患者の子供達におとぎ話を語り聞かせるサプライズイベントも起こしています。

 2009年11月、WENNによりますと、映画でブレイクするきっかけを作ってくれたニコラス・ケイジが財政難で苦しんでいるのを知り、協力を惜しまない意向を示しています。

デップは過去に太っ腹なチップを残すセレブとして話題になっており、シカゴのレストランで映画『パブリック・エネミーズ』のレッドカーペット・イベントを祝って監督やキャストと食事をしていて、大人数での食事だったこともあるが4000ドル《日本円で約32万8,000円》という高額なチップを払っています。当時のレストランのウェイターは「デップは15人のグループで食事をしに来た。チップは12人で均等に分けた。これまでウェイターを務めたセレブの中でデップが一番」と語っています。

 2010年2月、ハリウッドのきらびやかなライフスタイルから離れ、フランスで恋人のヴァネッサ・パラディと子どもたちと住んでいるデップですが、カリブに島を買ったのは衝動買いだったという。デップは「僕の人生のすべてのことと同じで計画はしていなかった。なんとなく起こったこと。恋人と子どもたちと一緒にバケーションに行って、島が売りに出されてるって聞いたんだ。この島なら誰かにジロジロ見られず、カメラを向けられたり、指をさされたりすることもない。ありのままの自分でいられる場所だと思った」とコメントしています。

 2010年10月、メール・オンラインによりますと、ロンドン郊外グリニッジにある小学校に通うベアトリス・デラプちゃんが小学校の近くで撮影をしているジャック船長宛てに「わたしたちは海賊見習いです。先生たちに反乱を起こすつもりなので助けに来てください!」と応援をお願いする手紙を書いたところ、手紙をもらったデップはジャック船長の姿で海賊たちを引き連れてベアトリスちゃんの小学校にサプライズで訪問し、ベアトリスちゃんの手紙を取り出して「これを書いたベアトリス、出ておいで」と声を掛け、「今日は反乱を起こすべきじゃないな、警察がおれを見張っているんだ」と反乱中止を伝えたという。

 2010年10月、英大衆紙『The Sun』によりますと、デップはポケットマネーで防寒用のジャケットを500着購入し、『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉』のスタッフにプレゼントしたという。

海外での映画撮影の場合、ハリウッドの役者は控え室やロケ先の家としてトレーラーを使用することが一般的となっていますが、2010年11月、デイリー・スター紙によりますとデップが『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉』の撮影時に控え室として当初、用意されていたトレーラーに不満を示したところ100万ポンド《日本円で約1億3,170万円》の予算でインテリアデザイナーを雇っていいとの許しを得て、高価なアンティークや手編みのじゅうたん、モロッコ風のランプ、クッション、鏡、モザイクタイルなどが運び込まれ、モロッコテイストの豪華な楽屋に大改造したといいます。

主な出演作品

映画

  • 1984年 エルム街の悪夢 グレン・ランツ
  • 1985年 マイアミ・ホットリゾート ジャック・マーシャル
  • 1986年 殺しに熱きテキーラを ドニー・フレイシャー テレビ映画
  • 1986年 プラトーン ガーター・ラーナー
  • 1990年 シザーハンズ エドワード・シザーハンズ
  • 1990年 クライ・ベイビー ウェイド・”クライ・ベイビー”・ウォーカー
  • 1991年 エルム街の悪夢 ザ・ファイナルナイトメア テレビの中の少年 カメオ出演
  • 1992年 Stuff 監督 短編映画
  • 1993年 妹の恋人 サム ゴールデングローブ賞 主演男優賞《
  • 1993年 ギルバート・グレイプ ギルバート・グレイプ
  • 1993年 アリゾナ・ドリーム アクセル・ブラックマー
  • 1994年 エド・ウッド エド・ウッド
  • 1995年 ニック・オブ・タイム ジーン・ワトソン
  • 1995年 ドンファン ドン・ファン/ジョン・R・デ・マルコ
  • 1995年 デッドマン ウィリアム・ブレイク
  • 1996年 ザ・カンヌ・プレイヤー 本人
  • 1997年 ブレイブ ラファエル 兼監督・脚本
  • 1997年 フェイク ジョー・ピストーネ/ドニー・ブラスコ
  • 1998年 ラスベガスをやっつけろ ラウル・デューク
  • 1998年 GO!GO!L.A. 本人/ウィリアム・ブレイク クレジット表記なし
  • 1999年 ビートニク ナレーション ドキュメンタリー
  • 1999年 ノイズ スペンサー・アマコスト
  • 1999年 ナインスゲート ディーン・コルソ
  • 1999年 スリーピー・ホロウ イカボッド・クレーン
  • 2000年 夜になるまえに ボンボン/ビクター中尉
  • 2000年 ショコラ ルー
  • 2001年 耳に残るは君の歌声 チェーザー
  • 2001年 ブロウ ジョージ・ユング
  • 2001年 フロム・ヘル フレッド・アバーライン
  • 2002年 ロスト・イン・ラ・マンチャ 本人/トビー ドキュメンタリー
  • 2003年 レジェンド・オブ・メキシコ/デスペラード シェルダン・ジェフリー・サンズ
  • 2003年 パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち ジャック・スパロウ
  • 2004年 フレンチなしあわせのみつけ方 見知らぬ男 カメオ出演
  • 2004年 ネバーランド ジェームス・マシュー・バリ
  • 2004年 シークレット ウインドウ モート・レイニー
  • 2005年 リバティーン ロチェスター
  • 2005年 ティム・バートンのコープスブライド ビクター・ヴァン・ドート 声の出演
  • 2005年 チャーリーとチョコレート工場 ウィリー・ウォンカ
  • 2006年 パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト ジャック・スパロウ
  • 2006年 Deep Sea 3D ナレーション ドキュメンタリー
  • 2007年 パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド ジャック・スパロウ
  • 2007年 スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 スウィーニー・トッド/ベンジャミン・バーカー
  • 2008年 Gonzo: The Life and Work of Dr. Hunter S. Thompson ナレーション
  • 2009年 パブリック・エネミーズ ジョン・デリンジャー
  • 2009年 Dr.パルナサスの鏡 トニー
  • 2010年 ドアーズ/まぼろしの世界 ナレーション
  • 2010年 ツーリスト フランク
  • 2010年 アリス・イン・ワンダーランド 帽子屋《マッドハッター》
  • 2011年 ランゴ ランゴ 声の出演、兼製作
  • 2011年 ラム・ダイアリー ポール・ケンプ 兼製作
  • 2011年 ヒューゴの不思議な発明 N/A 製作のみ
  • 2011年 パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉 ジャック・スパロウ
  • 2011年 ジャックとジル 本人 カメオ出演
  • 2012年 ダーク・シャドウ バーナバス・コリンズ 兼製作
  • 2012年 21ジャンプストリートt カメオ出演
  • 2013年 ローン・レンジャーr トント 兼製作総指揮
  • 2014年 トランセンデンス ウィル
  • 2015年 チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密 チャーリー・モルデカイ 兼製作

テレビシリーズ

  • 1985年 Lady Blue ライオネル・ヴィランド 第4話「Beasts of Prey」
  • 1987-1990年 21ジャンプストリート オフィサー・トーマス・“トム・ハンソン”・Jr 計82話出演
  • 1987年 Hotel ロブ・キャメロン 第4シーズン第15話「Unfinished Business」
  • 2004年 キング・オブ・ザ・ヒル ヨギ・ヴィクター 声の出演
  • 2009年 スポンジ・ボブ ジャック・カフナ・ラグナ 声の出演

ミュージック・ビデオ

ポール・マッカートニー「My Valentine」《2012年》

ポール・マッカートニー「Queenie Eye」《2013年》

『ランゴから始める!』 大人が見ても楽しめるCGアニメを紹介!
大人が見ても「これは素晴らしい」と唸らせられる作品の数々!